プロジェクト専門家のための倫理規定

プロジェクトマネジメント研究所の認定保有者は、プロジェクトプロフェッショナル向けの次の倫理規定に拘束されます。

  • プロジェクトプロフェッショナルとして、私たちは世界のどこで事業を行っていても、誠実かつ倫理的に事業を遂行します。私たちは常にサービスの質を向上させ、誠実さ、公正さ、尊敬、責任、誠実さ、信頼、そして健全な経営判断の評判を生み出します。
  • プロジェクトの専門家として、違法または非倫理的な行為は私たちの最大の利益にはなりません。短期的な利益のために原則を妥協することはありません。むしろ、私たちは高水準の個人の誠実さを守ります。
  • プロジェクトの専門家として、私たちは私たちの個人的な利益がクライアントの利益と対立したり、対立しているように見えたりすることを決して許してはなりません。私たちは、すべての利害関係者とのコミュニケーションにおいて正直になるように細心の注意を払う必要があります。また、クライアントまたはその関連会社を犠牲にして、クライアントの連絡先を使用して、私たち自身の個人的なビジネスまたは個人的な利益を促進することも避けます。
  • ビジネスを引き付けたり影響を与えたりするために、賄賂、リベート、またはその他の同様の報酬や考慮事項を個人または組織に与えてはなりません。プロジェクトの専門家として、私たちはビジネスを引き付けたり影響を与えたりするために、贈答品、謝礼、手数料、ボーナス、または過度の接待を与えたり受け取ったりすることを避けます。
  • プロジェクトの専門家として、私たちはしばしば専有情報、機密情報、またはビジネスに敏感な情報を取得し、そのような情報が厳密に保護されることを保証するために適切な措置を講じる必要があります。この情報には、戦略的事業計画、経営成績、マーケティング戦略、顧客リスト、人事記録、今後の買収と売却、新規投資、製造コスト、プロセス、および方法が含まれる可能性があります。クライアント、その関連会社、および個人に関する専有の機密および機密のビジネス情報は、機密性と裁量で扱われ、知る必要がある場合にのみ配布されます。
  • プロジェクトプロフェッショナルとして、私たちは不正な手段で競合他社の情報を収集することを控え、そのような方法で収集された知識に基づいて行動することを控えます。私たちは、クライアントの競合他社または自社の競合他社のサービスと能力の比較を誇張したり軽蔑したりしないように努めます。
  • プロジェクトの専門家として、私たちはすべての法律とクライアントのポリシーに従い、すべての取引において他者に対して敬意と責任を持って行動します。私たちは、非倫理的、不正、詐欺的、違法な行動をクライアントの経営陣に直接開示することに同意します。プロジェクトの専門家として、私たちは誠意を持って交渉し、他人に対して虐待的な行動をとることはありません。私たちは他人の財産権を尊重します。
  • プロジェクトの専門家として、私たちは、半真実、重要な脱落、虚偽または誤解を招く発言、または発言を不完全にするために必要な文脈外の情報の提供など、欺瞞的な行動に関与または容認しません。プロジェクトの見積もりや予測を利害関係者に誤って伝えないように特に注意する必要があります。むしろ、すべての見積もりは、厳密で透明性のある予測手法に基づいている必要があります。
  • プロジェクトの専門家として、私たちは採用や解雇の決定、または契約の授与に好意や縁故主義を使用しません。また、人種、性別、宗教、年齢、性的指向、出身国、障害、婚姻または家族の地位、またはその他の保護された、または不適切なカテゴリーに基づいて、雇用または契約の授与を差別することもありません。
  • プロジェクトプロフェッショナルとして、私たちは潜在的な対立をクライアントに完全に開示します。潜在的な利益相反が発生した場合、潜在的な利益相反に照らして継続的な関与が適切かどうかを利害関係者がインフォームドコンセントで決定できるまで、意思決定プロセスに参加することは控えます。
  • プロジェクトプロフェッショナルとして、私たちは私たちのコミットメントを果たすよう努めています。私たちは自分の過ちの責任を負い、迅速な修正を行います。私たちが責任を持っている他の人が間違いを犯した場合、私たちはそれらの間違いを適切な利害関係者に迅速に伝え、是正措置を取ります。